シラバス参照

授業科目名 プログラミング基礎演習A 
科目英名 Fundamental Practicum of Computer Programming A 
開講年度 2019 
開講学科 2019年度情報システム学科入学生 
分野系列 ■専門科目 学科基盤科目■必修 
学年 1年生 
学期 前期前半 
担当者

大谷 紀子

単位数



科目概要
情報システム学科カリキュラムポリシーの3および4に基づき、プログラミング言語であるC言語の基礎的な内容を講義・演習指導する。C言語は、簡潔で学習しやすい構文を持ち、また現代の実用言語の多くにその構文を受け継いでいることから、C言語の学習を通して、情報システムの実現方法を理解するための基礎的な概念を学ぶとともに様々なプログラミング言語を習得するための基礎を確立することを目的とする。変数、条件分岐、繰り返し、関数、構造体など、基本的な言語要素を演習形式により指導する。
This course introduces the basic subject of computer programming with the C language based on the curriculum policy 3 and 4 of department of Information systems. Fundamental programming concepts will be learnt by several exercises given for each subjects, variable, type, arrays, loop, function, character data, file input/output, and data structure. 
達成目標
・様々な制御構造やデータ構造を持つプログラムの動作を理解し、基本的なプログラムを作成できること。
・各種アルゴリズムや他の言語を学習するために必要な、プログラミング言語の基本要素を理解すること。 
成績評価
レポート50%、テスト50%により評価を行う。 
予習復習時間
学則第18条に基づき、1時限(100分)の授業に対して4時間程度の自学自習が必要。これに加え、7回目および14回目終了後に各2時間の自学自習で全体の流れを理解することが必要。予習時には、WebClassの解説資料を30分程度で読み込む。復習には3時間半程度の時間をかけ、前回のレポート課題に再度取り組んだ後、今回の解説資料を読み、授業内の演習課題にもう一度取り組む。 
履修する上で
必要な条件
(前提とする
知識など)
なし 
授業計画
第1回 C言語概要,開発環境の使い方 
第2回 プログラムの記述,計算,入出力 
第3回 if文による条件分岐,比較演算子,論理演算子 
第4回 switch文による条件分岐,for文による繰返し 
第5回 while文とdo-while文による繰返し 
第6回 数学関数,乱数 
第7回 配列 
第8回 初期化子 
第9回 関数の定義 
第10回 構造体 
第11回 文字列 
第12回 ファイル入出力 
第13回 バイナリの入出力 
第14回 統合開発環境 
オフィスアワー
前期前半:月曜,水曜,木曜の昼休み 
授業形態
演習 
コース区分
授業の具体的
な進め方
各回の内容を解説した後、プログラミング演習を行う。原則として毎回提出課題を課す。講義および演習は配布資料に基づいて進める。また、授業内に、数回のミニテストを行う。 
関連科目
・事前に履修が望ましい科目: 特になし
・本科目の受講後に履修する関連授業科目:アルゴリズムとプログラミング、プログラミング基礎演習B、プログラミング演習A、ソフトウェア開発技法 
授業に持参
するもの
特になし 
教科書
No 書籍名 著者 出版社 出版年 ISBN 備考
1. 『WebClassで資料配布』           
参考書
No 書籍名 著者 出版社 出版年 ISBN 備考
1. 『新・明解C言語 入門編』  柴田望洋  SBクリエイティブ  2014  9784797377026   
学生への
メッセージ
ミニテストおよびレポートの解説は授業内に行う。プログラミングに関わる多くの講義・演習が本科目の内容の理解を前提としている。プログラミングの演習では、様々なプログラムを入力、実行して、プログラムの振る舞いを観察することで理解が出来るので、教材に例示されたプログラムを必ず動かして理解し、演習課題に取り組むこと。 
その他・
自由記述欄
この授業は実務経験を有した教員が担当する。電機メーカーの情報系の研究所における基礎研究及び開発の経験を活かし、学習内容の必要性が理解できるように、企業におけるプログラミング作業での活用方法を随時説明する。 
参考URL
画像ファイル
更新日付  


PAGE TOP