シラバス参照

授業科目名 財務会計 
科目英名  
開講年度 2019 
開講学科 2018年度環境マネジメント学科入学生 
分野系列 ■専門科目 学科基盤科目■選択 
学年 2年生 
学期 前期前半 
担当者

木村 眞実

単位数



科目概要
環境経営システム学科カリキュラムポリシー2に従って、本科目では財務会計の理論と会計システムについて講義を行います。

According to curriculum policy 2 of Department of Environmental Management System, this class will learn about the theory of financial accounting and the accounting system. 
達成目標
 本講義では、①会計理論を理解すること、②実際の企業の貸借対照表・損益計算書に記載されている会計情報を理解することを達成目標とします。 
成績評価
期末試験70%、講義中の問題演習・小テスト30%で評価をします。 
予習復習時間
毎回の講義では、教科書熟読のための予習1時間、計算問題を解くために復習3時間を要します。 
履修する上で
必要な条件
(前提とする
知識など)
アカウンティングシステムを履修していることが望ましいです。 
授業計画
第1回 第1章 なぜ会計を学習するのか?(テーマ1-6) 
第2回 第2章 会計の基本原理(テーマ7-11) 
第3回 第3章 貸借対照表(資産)(テーマ12-17) 
第4回 第3章 貸借対照表(資産):つづき(テーマ18-20) 
第5回 第3章 貸借対照表(資産):つづき(テーマ21-23) 
第6回 第3章 貸借対照表(資産):つづき(テーマ24-25) 
第7回 第3章 貸借対照表(資産):つづき(テーマ26-29) 
第8回 第3章 貸借対照表(資産):つづき(テーマ30-32) 
第9回 第3章 貸借対照表(資産):つづき(テーマ33-39) 
第10回 第4章 貸借対照表(負債と純資産)(テーマ40-46) 
第11回 第4章 貸借対照表(負債と純資産):つづき(テーマ47-53) 
第12回 第5章 損益計算書(テーマ54-59) 
第13回 第6章 財務諸表を活用する(テーマ60-63) 
第14回 第6章 財務諸表を活用する:つづき(テーマ64-69) 
オフィスアワー
前期:月曜日4限目、後期:月曜日3限目 
授業形態
講義+演習形式 
コース区分
授業の具体的
な進め方
毎回の講義では、教科書の内容を解説した後に、問題を解く時間を設けて、受講生の理解を深めるようにします。 
関連科目
アカウンティングシステム、環境マーケティング 
授業に持参
するもの
教科書、電卓(12桁表示のもの) 
教科書
No 書籍名 著者 出版社 出版年 ISBN 備考
1. 『ビジネスセンスが身につく会計学』  成川正晃  中央経済社  2018  978-4502286810   
参考書
学生への
メッセージ
【重要】初回講義からテキストを持参してください。講義中の課題等についてはフィードバックを行います。
日商簿記検定試験に関心がある方は受講をおすすめします。

大企業も中小零細企業も、売上、仕入、利益の金額を計算します。それら金額を導き出すためには、どの会社も、共通のルールで記録を付けます。共通のルールとは簿記です。そして、簿記をベースとして作成されるのが会社の成績表です。会社の成績表を「財務諸表」と言います。財務諸表は、企業内外の関係者へ、自社の業績を報告するために作成されます。企業活動を把握する情報の一つとして、財務諸表のデータが役立ちます。一緒に財務諸表の基礎を学びましょう。 
その他・
自由記述欄
日本商工会議所主催の簿記検定試験については以下のURLをご参照ください。https://www.kentei.ne.jp/bookkeeping 
参考URL
画像ファイル
更新日付  


PAGE TOP