シラバス参照

授業科目名 特別研究 
科目英名  
開講年度 2019 
開講学科 児童17年度入学 
分野系列 ■専門科目・必修■ 
学年 3年生 
学期 通年 
担当者

髙橋 うらら

単位数



科目概要
研究を行うための基盤となることを学ぶ。自ら興味と関心のあるテーマを模索し、テーマに関係のある指導教員の指導と助言を得ながら、文献研究、フィールド調査、実験等の研究方法や研究倫理について学ぶ。まず、資料の集め方を学び、実際に図書館やインターネットを使って、テーマにかかわる文献をできるだけたくさん集める。集めた文献を幅広く読み、自分の興味と関心がどこにあるかを探索する。テーマが設定されたら、集めた文献の中で先行研究にあたる文献を選択し、さらに最新の文献を探し、読みこみ、まとめ、研究室ごとにプレゼンテーションを実施する。必要に応じて視聴覚教材を使用する。 
達成目標
研究についての基礎力を培う。 
成績評価
授業への参加40%、課題レポート30%、プレゼンテーション30%で総合的に評価する。 
予習復習時間
1回2時間の授業に対して4時間程度の自学自習が必要(学則第18条参照)。詳細は担当教員の指示に従うこと。 
履修する上で
必要な条件
(前提とする
知識など)
1回目の授業で指示する。 
授業計画
第1回 オリエンテーション(演習内容、成績評価、授業方法、出欠管理など) 
第2回 テーマの模索 
第3回 図書館の有効的な使い方(文献の探し方) 
第4回 文献の収集(1)(書籍) 
第5回 文献の収集(2)(雑誌論文) 
第6回 文献の収集(3)(研究雑誌論文) 
第7回 文献の収集(4)(研究雑誌論文) 
第8回 文献の整理(1)(文献カードの書き方) 
第9回 文献の整理(2)(文献カードの作成) 
第10回 テーマについて考える 
第11回 テーマを絞り込む 
第12回 テーマの選定 
第13回 テーマについてのディスカッション 
第14回 テーマの決定 
第15回 先行研究にかかわる文献の収集(1) 
第16回 先行研究にかかわる文献の収集(2) 
第17回 先行研究にかかわる文献の講読(1) 
第18回 先行研究にかかわる文献の講読(2) 
第19回 先行研究にかかわる文献の講読(3) 
第20回 先行研究にかかわる文献の講読(4) 
第21回 先行研究にかかわる文献の講読(5) 
第22回 先行研究のまとめ(1) 
第23回 先行研究のまとめ(2) 
第24回 質問紙調査,フィールド調査,インタビュー調査等を行う際の手続きの仕方 
第25回 質問紙調査,フィールド調査,インタビュー調査等を行う際の留意点,研究倫理 
第26回 プレゼンテーションの準備(パワーポイント/レジュメの作成) 
第27回 発表(1) 
第28回 発表(2)とまとめ 
オフィスアワー
1回目の授業で各担当教員が指示する。 
授業形態
演習 
コース区分
授業の具体的
な進め方
基本文献を読み、それぞれの興味と関心のある文献を探し、読み込む。
研究室によりシラバスの内容が前後することがあるので、各ゼミの担当者の授業の進め方による。 
関連科目
「基礎ゼ」ミ、「卒業研究」日本など 
授業に持参
するもの
担当教員から指示されたもの 
教科書
No 書籍名 著者 出版社 出版年 ISBN 備考
1. 『保育学研究倫理ガイドブック』  日本保育学会編  フレーベル館  2010  9784577813379   
参考書
学生への
メッセージ
自主的に取り組む姿勢が大切でです。「特別研究」では、先行研究を収集し読みことが非常に大切ですので、早めに積極的に取り組んでほしいと思っています。研究が楽しいものである、という体験をできたらと願っています。 
その他・
自由記述欄
参考URL
画像ファイル
更新日付  


PAGE TOP