シラバス参照

授業科目名 発達心理学(1) 
科目英名  
開講年度 2019 
開講学科 児童19年度入学 
分野系列 ■専門科目・必修■ 
学年 1年生 
学期 後期 
担当者

井戸 ゆかり

単位数



科目概要
生涯発達の視点をもつために、受精・誕生から生涯にわたる発達過程の理解や乳幼児期の心身の発達について多くの時間をとっている。実践につながる発達理解ができるよう視聴教材や具体的な事例を取り入れながら、子どもの発達を的確にとらえる力を養成すると同時に、発達や個人差にそった適切な援助・支援ができるようにする。また、学生自身がこれまでの発達を振り返り、将来、保育者として、あるいは親としての成長の過程を見通す力を身に付けていく。 
達成目標
・幼児、児童及び生徒の心身の発達過程や特徴を理解する。
 (外的及び内的要因の相互作用、発達に関する代表的な理論を踏まえた発達の概念及び教育における発達
理解の意義を理解など)

・子どもの発達に関わる心理学の基礎を習得し、養護及び教育の一体性や発達に即した援助の基本となる子どもへの理解を深める。

・乳幼児期から青年期の各時期における運動発達・言語発達・認知発達・社会性の発達について理解し発達や個人差にそった適切な援助ができる。 
成績評価
平常点(リアクションペーパーなど50%),試験(50%)で総合評価を行う。 
予習復習時間
教科書、授業および配布資料等による復習を必ず行うこと。また、次回の授業の課題を提示された時には、予習をしてくること。(1時限分の授業に対して4時間超の自学自習が必要) 
履修する上で
必要な条件
(前提とする
知識など)
発達心理学(2)は、(1)を履修済みであることが条件となる。 
授業計画
第1回 発達心理学とは (発達心理学の概念)
子どもの発達を理解することの意義 
第2回 発達とは (遺伝と環境,生育環境の重要性,発達の原理) 
第3回 発達理論と子ども観・保育観(主な発達理論,子ども観,保育観の成り立ち) 
第4回 胎児の姿と特徴 (生命の神秘,胎児の能力,胎児期の母性・父性の発達) 
第5回 乳児の姿と特徴①(身体的機能の発達,運動機能の発達,遊びへの援助) 
第6回 乳児の姿と特徴②(情緒の発達,基本的信頼感の獲得,愛着の発達) 
第7回 幼児の姿と特徴①(身体的機能の発達,運動機能の発達,遊びへの援助) 
第8回 幼児の姿と特徴②(情緒の発達,自我) 
第9回 幼児の姿と特徴③(他者とのかかわり,愛着理論,愛着ネットワーク) 
第10回 幼児の姿と特徴④(知覚の発達,認知の発達,学びのメカニズム) 
第11回 幼児の姿と特徴⑤(言葉の発達,社会性の発達) 
第12回 児童の姿と特徴(心身の発達,対人関係の発達)
青年の姿と特徴①(心身の発達) 
第13回 青年の姿と特徴②(青年期の発達課題,アイデンティティの確立,対人関係の変化) 
第14回 成人・高齢者の姿と特徴(身体的生理的変化,家族周期からみた発達課題)
まとめ 
オフィスアワー
水曜日12時半~13時00分 
授業形態
講義 
コース区分
授業の具体的
な進め方
単元ごとに前半は理論的な背景を学び、後半は事例やVTRをもとに検討を行い、理解を深める。最後にそれまでに学んだことを確認するための試験を行う。 
関連科目
乳児保育(1)、発達心理学(2) 
授業に持参
するもの
教科書
No 書籍名 著者 出版社 出版年 ISBN 備考
1. 『保育の心理学』  井戸ゆかり編著・園田巌・紺野道子  萌文書林  2019  9784893473431   
参考書
No 書籍名 著者 出版社 出版年 ISBN 備考
1. 『幼稚園教育要領平成29年告示』  文部科学省  フレーベル館  2017  9784577814222   
2. 『保育所保育指針平成29年告示』  厚生労働省  フレーベル館  2017  9784577814239   
3. 『幼保連携型認定こども園教育・保育要領平成29年告示』  内閣府・文部科学省・厚生労働省  フレーベル館  2017  9784577814246   
学生への
メッセージ
日頃から,いろいろな人とかかわる機会をもつよう心がけること。また,新聞,ニュースなどの記事にも目を向け,自分なりに考える機会を持つよう努力すること。課題に対するフィードバックは授業内で行う。 
その他・
自由記述欄
授業前には、授業計画に合わせて教科書等の該当する部分等を熟読すること。
授業後には、取り扱った内容について課題に取り組み、あるいは学生同士でディスカッションするなどにより、理解を深めること。 
参考URL
画像ファイル
更新日付  


PAGE TOP