シラバス参照

授業科目名 保育内容の理解と方法(言語表現) 
科目英名  
開講年度 2019 
開講学科 児童19年度入学 
分野系列 ■専門科目・選択■ 
学年 1年生 
学期 前期 
担当者

小林 由利子

単位数



科目概要
幼稚園教育要領、保育所保育指針、幼保連携型認定こども園教育・保育要領に示された幼児教育の基本を踏まえ、「表現」領域のねらい及び内容を理解し、表現領域における具体的な言語表現の援助・指導場面を想定し、保育を構想する具体的方法についてアクティビティを通して学
ぶ。 
達成目標
保育内容表現のねらい及び構造を理解し、そこにおける子どもの言語表現の発達及び言語教育の意義について理解する。
・園生活における幼児の表現を理解し、必要に応じて言語的教材や教具を子どもに提示できるようになる。
・言語表現に関する事例を活用しながら、子どもの多様な表現の姿や、表現と発達との関係について、具体例を示しながら説明できるようになる。 
成績評価
(1) 各回の授業についての記録と考察と調べ学習を記述したポートフォリオ(60%)
(2) 教材研究に基づく言語表現にかかわる発表(30%)
(3) 授業への参加態度・発言(10%) 
予習復習時間
自主的に予習・復習すること。1回2時間の授業に対して4時間以上の自学自習を行うこと。
発表のための練習、アクティビティの記録と考察などをする。 
履修する上で
必要な条件
(前提とする
知識など)
アクティビティを行うので指定の黒い上履きをは履き、動きやすい服装で参加すること。 
授業計画
第1回 オリエンテーション-幼稚園教育要領・保育所保育指針における領域「表現」のねらい及び内容を理解する、教材研究(1):名前ゲーム- 
第2回 幼児教育・保育における言語表現にかかわる保育とその評価について考える、          教材研究(2):絵本について 
第3回 幼児教育・保育における言語表現と小学校の教科とのつながりについて考える、         教材研究(3):絵本の読み聞かせ 
第4回 幼児教育・保育における言語表現にかかわる情報機器について理解する、            教材研究(4):名前とアクション 
第5回 幼児教育・保育における保育者に求められる言語表現について考える、              教材研究(5):音を使ったゲーム 
第6回 幼児教育・保育における言語表現にかかわる教材(1)、                        教材研究(6):紙芝居 
第7回 幼児教育・保育における言語表現にかかわる教材(2)、                        教材研究(7):パネルシアター 
第8回 幼児教育・保育における言語表現にかかわる教材(3)、                        教材研究(8):ストーリーエプロン 
第9回 幼児教育・保育における言語表現にかかわる教材(4)、                        教材研究(9):人形劇 
第10回 幼児教育・保育における言語表現にかかわる教材(5)、                        教材研究(10):ストーリーテリング 
第11回 言語表現にかかわる事例の活用 
第12回 言語表現にかかわる部分実習と表現の多様性について 
第13回 言語表現にかかわる部分実習と表現と発達との関連について 
第14回 言語表現にかかわる最新の保育実践の動向を知る、振り返り・まとめ
定期試験は実施しない。 
オフィスアワー
火曜日・木曜日 12:40-13:10 
授業形態
単独 
コース区分
授業の具体的
な進め方
「幼稚園教育要領」「保育所保育指針」「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」における保育内容表現についてのねらい及び内容を講義を通して学ぶ。言語表現にかかわる援助・指導場面を想定し、保育を構想する具体的な方法を模擬授業を通して学ぶ。さらに、さまざまな教材研究とグループでのアクティビティを体験し、振り返りをし、ポートフォリオを作成することを通して、子どもの遊びについて考え、保育を構想する具体的な方法を学ぶ。必要に応じて視聴覚教材を使用する。 
関連科目
「保育内容表現指導法」 
授業に持参
するもの
指定された黒い上履き、動きやすい服装、筆記用具、教科書 
教科書
No 書籍名 著者 出版社 出版年 ISBN 備考
1. 『幼稚園教育要領 平成29年3月告示』  文部科学省         
2. 『保育所保育指針 平成29年3月告示』  厚生労働省         
3. 『幼保連携型認定こども園教育・保育要領 平成29年3月告示』  内閣府・文部科学省・厚生労働省         
4. 『ドラマ教育入門』  小林由利子・中島裕昭・高山昇・吉田真理子・山本直樹・高尾隆・仙石桂子  図書文化  2010  9784810005585   
参考書
No 書籍名 著者 出版社 出版年 ISBN 備考
1. 『演習 児童文化』  小川清実編  萌文書林  2010  9784893471444   
2. 『保育に役立つストリーエプロン』  小林由利子  萌文書林  2012  9784893471680   
学生への
メッセージ
子どもの言語表現を育むさまざまな教材について体験を通して学び、そのおもしろさに気づいてほしいと願っています。さまざまなアクティビティの体験を通して、子どもの遊びについて考え、子どもと一緒に遊び、遊びを発展し、遊びを援助できるようになることを願っています。遊びのおもしろさと重要性に気づいてもらいたいと思っています。子どものようにさまざまなことに興味・関心を示す好奇心を養いましょう。課題についてはフィードバックします。 
その他・
自由記述欄
グループでさまざまなアクティビティをするので、遅刻しないようにしましょう。観察と記録をしてポートフォリオにまとめるので、メモをする習慣をつけましょう。 
参考URL
画像ファイル
更新日付  


PAGE TOP