シラバス参照

授業科目名 人間と健康 
科目英名  
開講年度 2019 
開講学科 児童19年度入学 
分野系列 ■体育科目・必修■ 
学年 1年生 
学期 前期 
担当者

髙橋 うらら

単位数



科目概要
人間を身体的,精神的,社会的な側面から捉え,人間にとって「健康とは何か」を探求することが,QOL(Quality of Life);「生活の質」を向上させるために重要である。様々な側面から健康とは何かを探求し,自己の生活スタイルをみつめなおし,自分の健康を的確に把握できる能力を養う。さらに,自己のダイエット行動や運動習慣を見直し,各ライフステージに応じた健康づくりのための,栄養・運動・休養を基礎とした適切な生活スタイルを確立する能力を養う。また,保育に携わる者は,将来,子どもを持つ親(特に母親)をサポートする立場になり,女性のライフサイクルについて学ぶことは必須であり,女性特有のライフサイクルと健康についても学ぶ。 
達成目標
1)QOL向上のため、人間にとって「健康とは何か」を身体的,精神的,社会的な側面から捉え,探求する。
2)自己の生活スタイルをみつめなおし,自分の健康を的確に把握できる能力を養う。
3)栄養・運動・休養を基礎とし、各ライフステージに応じた適切な生活スタイルを確立する能力を養う。
4)女性のライフサイクルと健康について学ぶ。 
成績評価
試験(60%)、レポート(20%)、授業への参加態度・発言(20%) 
予習復習時間
その回のテーマに関する書籍や新聞記事を読むことと、授業ノートの整理をすることなど、1時限分の授業に対して4時間超の自学自習が必要(学則第18条参照)。 
履修する上で
必要な条件
(前提とする
知識など)
高等学校までの保健の教科書を復習しておいて欲しい。 
授業計画
第1回 人間と健康とは 
第2回 健康の概念 健康に影響を与える因子 
第3回 健康の政策 健康教育 
第4回 ライフステージと健康1(乳幼児期,学童期) 
第5回 ライフステージと健康2(青年期,壮年期) 
第6回 ライフステージと健康3(高齢期) 
第7回 ライフステージと健康4(女性のライフサイクル1~学童期・青年期~) 
第8回 ライフステージと健康5(女性のライフサイクル2~壮年期・高齢期~) 
第9回 喫煙と健康 
第10回 飲酒と健康 
第11回 薬物乱用と健康 
第12回 心の健康 
第13回 生活スタイルの見直しとデザイン 
第14回 振り返りとまとめ 
オフィスアワー
月曜日(12:40~13:10)その他、詳しくは初回授業で連絡する。 
授業形態
講義 
コース区分
授業の具体的
な進め方
従来型の講義形式の授業ではあるが、学生が発表する時間を毎回必ず設ける。
前回授業の復習や次回テーマに関する課題を出題する。 
関連科目
健康と運動(1)、(2) 
授業に持参
するもの
教科書
No 書籍名 著者 出版社 出版年 ISBN 備考
1. 『必要に応じて,資料を配布する。』           
参考書
No 書籍名 著者 出版社 出版年 ISBN 備考
1. 『適宜紹介する。』           
学生への
メッセージ
自分自身の身体や健康についてみつめなおし、主体的に授業に臨んで欲しい。
試験、レポートは、採点後、理解を深めるための振り返りの時間を授業時間内で設ける。 
その他・
自由記述欄
参考URL
画像ファイル
更新日付  


PAGE TOP