シラバス参照

授業科目名 CAD基礎演習 
科目英名 Basic programming of CAD 
開講年度 2018 
開講学科 2017年度環境創生学科入学生 
分野系列 ■専門科目 学科基盤科目■選択 
学年 2年生 
学期 後期前半 
担当者

横田 樹広

単位数



科目概要
環境学部カリキュラムポリシー3.および環境創生学科カリキュラムポリシー2.に則り、
・製図・デザインの基本ツールであるCADよる基礎的な製図技術を習得する。
・具体的な設計課題を通じて、CADによるランドスケープ基礎設計のプロセスを体得する。
・環境評価と連動できるCADデータの応用的利用についても習得する。 
達成目標
・CADの基礎操作(図形描画・編集、レイヤー処理等)を身につける
・データ変換、計測、印刷等、3Dデータ作成等、実践的な作図技法を習得する
・日影図作成、天空率算出・天空図作成等、CADを用いた分析的技法について習得する 
成績評価
操作演習課題(40%)、自作製図課題(60%) 
予習復習時間
AutoCAD・Jw_cadを用いた課題の完成、自学自習(2時間/回) 
履修する上で
必要な条件
(前提とする
知識など)
CADを使用した製図について未経験者であることを前提として開講する。 
授業計画
第1回 CADの基本操作 
第2回 製図基礎;図形の描画と編集 
第3回 製図基礎:レイヤー処理 
第4回 製図基礎:敷地図の作図 
第5回 製図基礎:計測,寸法,注釈 
第6回 データ変換・印刷 
第7回 3DCAD製図法 
第8回 平面図:外構設計(1) 
第9回 平面図:外構設計(2) 
第10回 立面・断面図:外構施設設計(1) 
第11回 立面・断面図:外構施設設計(2) 
第12回 日影図作成、天空率算出・天空図作成 
第13回 3Dデータ作成(1) 
第14回 3Dデータ作成(2) 
オフィスアワー
各回講義終了直後の1時限の時間帯(100分) 
授業形態
情報系演習室における演習(毎回) 
コース区分
授業の具体的
な進め方
・参考図書資料(別途デジタルで配布)をもとに、基本作業を習得する。
・自作設計課題をもとに、具体的な製図技法を体得する。
 (CADオペ資格「CAD利用技術者試験」2次元CAD2級レベルを目標) 
関連科目
「図化表現技法」「環境情報可視化技法」「環境・フィールド計測演習」 
授業に持参
するもの
筆記用具(特にシャープペンシル・消しゴム・三角定規)、コンパス、分度器 
教科書
No 書籍名 著者 出版社 出版年 ISBN 備考
1. 『配布資料を使用』           
参考書
No 書籍名 著者 出版社 出版年 ISBN 備考
1. 『別途講義にて紹介』           
学生への
メッセージ
操作演習課題・自作製図課題に対しては各回講義にてフィードバックを行う 
その他・
自由記述欄
授業前には,授業計画に合わせて教科書等の該当する部分等を熟読すること。授業後には,取り扱った内容について課題に取り組み,あるいは学生同士でディスカッションするなどにより,理解を深めること。 
参考URL
画像ファイル
更新日付 2018-09-15 12:50:23.848


PAGE TOP